主要キャラについて

サムスピといえば覇王丸

作品については零と零SPECIALを見てもらえれば何となく分かるでしょう。次に見てもらいたいのが、やはり作品を通してのキャラクターで誰が一番有名かという話だ。サムライスピリッツという作品は筆者も、詳細は知らずともゲームセンターに足を運べば必然とアーケードゲームが目に入ってきたので、知っていた。やったことがある・ないに関係なく、ゲームセンターでのアーケードは視覚的な宣伝効果も非常に高く、格闘ゲームを売り出している企業としてはこれほど打って付けの宣伝もない。

人気を博した同作もゲームセンターでは一、二を争う人気を獲得し、現在でも所によってはサムライスピリッツシリーズを零や零SPECIALに問われること無く設置しているところもあるでしょう。特にアーケードゲームは古い機種で、もう何処にも置いていないのではというマイナーな作品があったりするので、もし零SPECIALがあるなら、その面白さをゲームセンターで体感してみてはいかがだろうか。

さて、そんなサムライスピリッツについてですが、同作品で言えばやはり刀や武器などを用いてのバトルが印象的です。けれどやはり物語としての面白さもそうですが、個性的なキャラクターが人気になることもよくある話だ。その中でも今作を象徴する超有名なキャラといえば誰があげられるだろう。

ただ個人的にはサムスピといえばのキャラクターとしてなら、この二人がいなければ話にならないだろうというキャラクターがいる。一人目は『覇王丸』、もう一人は『ナコルル』だ。まず最初に覇王丸、今作のイメージキャラクターと言ってもいい方について、ここで話をしていこう。

格ゲー用語集

福井賃貸をお探しでしたら、お気軽に当店へご来店いただければと思います。全てのお客様に最高のおもてなしをご提供したいと思っております

作中、最もサムライらしい

タイトルのサムライスピリッツからして、本作を代表し、歴代シリーズを通してすべてに出演し続けている覇王丸こそ主人公と言える存在だ。作品によって主人公は異なる、ちなみに零シリーズでは『徳川慶寅』が主人公に据え置かれているものの、覇王丸を置いて何がサムスピだと言いたくなる。作品によって主役は変わっていますが、すべての作品に覇王丸は出続けているので、もう彼を永続的な主人公にするべきだと言いたくなる。ストファイでいうところのリュウみたいな象徴なので、もう外せないでしょう。

では覇王丸とはどんな人物なのか。作中では日本で言うところの実に侍らしい剣豪風のスタイルが人気を呼んでいる。その立ち振舞方も、恐ろしいほどにリュウと良く似ている。

最強を目指して

ただ何もかもリュウにそっくりと言うほどではない、どちらかと言えば世俗的な人柄が覇王丸の特徴ではある。ストファイのリュウはとにかく修行に明け暮れる根っからの格闘家であり、強さとは何か、勝利とは何か、最強とは何かを永年追い求め続けるような堅物と見ている人が殆ど。対して覇王丸は最強を目指しつつも、それなりに色恋沙汰にも興味を示し、お酒好きであり、リュウと大きく違える点は自身が喧嘩好きという点だ、

リュウも最強を目指す傍らで強者との対戦を望んでいますが、それはあくまで格闘家として完成するための行為。覇王丸の場合は子供が行う、純粋で勝ち負けに重視したものとなっている。目的はどちらも同じですが、戦う動機が根本から異なっているので、好戦的な性格をしているのが覇王丸とみなしていい。

シリーズが進むごとに

ストファイとサムスピでは物語上の時間が経過しているのが見て取れるのも大きな違い。サムスピでの覇王丸はシリーズが進んでいくと齢50という年齢に似合った容姿に変化している。当時はまだ寿命が短かったこともあり、50手前で髪が白髪交じりながら、妙齢な色気を醸し出している。これを見て逆に男としてエロいと感じる人もいそうだ。ストファイも時間は経過しているものの、ほとんど容姿は変化していない。サザエさん時空というわけではないが、サムスピでは物語の時間経過も重視しているのが伺える。

中古ソフト購入なら

ちょっとユニークなところ

戦う事、サムスピを代表する覇王丸というキャラクターの人気は根強い。作中でも最強と言われることもある彼だが、時として面白い部分を垣間見させることがある。中でも筆者が面白かったのは、世間的に言うGのつく黒い虫を食べたことがあるという。その感想は不味かった、だから嫌いになったというエピソードを聞いた時には、単純というか、よく食べられたなぁと思ったものです。流浪する癖はよくリュウと似ているので、食べ物に困った果てに動いているし、食べられるだろうと思って口にしてみたものの、味は想像しがたいものだった、というところか。

いずれにしてもサムスピを語る上では覇王丸無くして物語を語ることは出来ない。ただでさえ日本を舞台としているのに、彼のような武人がいなくなってはただの混沌としたゲームになりかねないと筆者は見ている。

マインクラフトで遊ぼう