最新の国際ニュース

「東日本大震災の余震と考えられる」気象庁(2021年2月14日)



福島県沖で発生した最大震度6強の地震を受け、気象庁は緊急会見を開き、「1週間程度は震度6強程度の地震が起こる可能性がある」と注意を呼び掛けました。

 気象庁は14日午前1時10分すぎから緊急会見を開きました。

 「地震は東日本大震災の余震と考えられる」としたうえで「今後、1週間程度は最大震度6強程度の地震が起こる可能性がある」として、引き続き警戒するよう呼び掛けました。

 さらに、地震の影響で家屋の倒壊や土砂災害の危険性が高まっているとして「やむを得ない事情がない限り危険な場所に立ち入らないようにしてほしい」としています。
[テレ朝news]
ソース

もっと見せて!

Related Articles

33 Comments

  1. 気象庁の皆さんもご本人も
    わかっていらっしゃいます。
    似ていることを。

  2. 一週間くらいでかい本震が来るぞって警戒呼び掛けた時に限って来ないんだよなって思ってたら本当に来なかった。

  3. そもそも、似てることを弄るなってそれつまり春菜なんかと一緒にするなってことでしょ
    それ自体春菜にも失礼だろ

  4. 弄るなっつーけど、弄る奴もいんだよ
    だから隙をなくすのが大切なんじゃないの

  5. めっちゃハリセンボンの春菜。だけど、この人すごく魅力的で素敵な人なオーラがすごい。この人自身の人生が気になる。

  6. 不安を煽るな、、、
    それだけ分かってるなら地震に備えて国民に最低限生活出来る道具の配布希望。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button