ゲームニュース

ASUSのゲーミングスマートフォン「ROG Phone 5」は、モバイルゲーム体験をさらに優れたものにする(WIRED.jp) – Yahoo!ニュース

【画像】Asus ROG Phone 5で撮影した写真をみる

確かにモバイルゲームは、コロナ禍の前なら地下鉄での通勤にぴったりの気晴らしだった。しかし、個人的にはゲームを自宅のPCや「Nintendo Switch」でプレイすることがほとんどである。

それに多くのモバイルゲームは、はっきり言って出来が悪い。遊ぶ価値のあるタイトルもあるが、簡単には見つからないのだ。偶然そんなゲームに出合ったとしても、やはり長い時間をスマートフォンでゲームをプレイして過ごすことが好きではない。

しかし、ASUSの新しいスマートフォン「ROG Phone 5」ならモバイルゲームで触覚を感じられるようになり、ゲームがより楽しくなる。スマートフォンの側面に搭載されているふたつのタッチセンサー式ボタンで、ゲーム体験が向上するのだ。物理的なコントローラーをあらゆるゲームに対応させる便利なソフトウェアや、スマートフォンの温度を下げるクリップオンタイプの冷却ファンといったカスタムアクセサリーもいい感じだ。

誤解のないように言っておくが、モバイルゲームをプレイするためにゲーミングスマートフォンは必要ない。安価なスマートフォンでも高価なスマートフォンでも、ほとんどのゲームが問題なく遊べる。

だが、ROGの高い機能と便利なオプションは非常に役立つ。例えば、ふたつ目の充電ポートにケーブルを差しておけばスマートフォンを握る手元のじゃまになることがないし、ヘッドフォンジャックもある。このスマートフォンなら何時間でもゲームをプレイできると感じたのは、初めてのことだ。

外部コントローラーとの最高の組み合わせ

だからこそ、ROG Phone 5は特別なのだ。ASUSのソフトウェア「Game Genie」を使えば、ゲームのタッチスクリーンでの操作を驚くほど簡単にコントローラーにマッピングできる。

同じことは「Xbox」や「PlayStation」、グーグルの「Stadia」のコントローラーでも可能だ(使っていないものがあればの話である)。だが、個人的にはASUSの「ROG Kunai 3 GamePad」が気に入っている。従来のBluetoothコントローラーや有線コントローラーのように使うこともできるし、「Nintendo Switch」の「Joy-Con」のように、本体の端に取り付けることもできる。

使い方は、ゲームを起動してからGame Genieのゲーム内のタブを開き、コントローラーのボタンをタッチスクリーンのコントロールに配置するだけだ。ほんの数分しかかからない。

これでスワイプもタップもシミュレートできるし、ジェスチャーを記録してボタンでそれを起動することもできる。ほぼすべての画面上での指の動きを制御できるわけだ。「原神」や「Oddmar」といったゲームは、ぜひコントローラーでプレイしてほしい。触感から得られる満足感がとても大きく、手に伝わる感じも自然だ。

クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button