ゲームニュース

6/18公開『モータルコンバット』&今夏注目の最新トピックまとめ【連載:すぴのジャンル・ジャングル】 – SCREEN ONLINE(スクリーンオンライン)

人気アメコミ系映画ライター・杉山すぴ豊さんが、アメコミ・ホラー・SFなど多様なジャンル映画の情報を“深い知識と深い愛”をもってお届けする本連載。今回は再登場『ゴジラvsコング』、6月の期待作『モータルコンバット』、さらにはMCUの最新トピックまでお腹いっぱいな内容でお届けします!

杉山すぴ豊

アメコミ系映画ライター。雑誌や劇場パンフレットなどにコラムを執筆。アメコミ映画のイベントなどではトークショーも。大手広告会社のシニア・エグゼクティブ・ディレクターとしてアメコミ映画のキャンペーンも手がける。

血沸き肉躍るビッグタイトルが次々と日本へ上陸警報!

噂の真相は劇場でお確かめを!

『ゴジラvsコング』にはゴジラとコング以外にも怪獣が登場します。僕が印象的だったのはコングと戦う羽のはえた蛇のような怪獣(ウォーバットという名前らしい)。

この怪獣は1933年版の『キング・コング』に登場したプテラノドン、1976年版の『キングコング』(この映画はキングとコングの間に“中グロ”なし)で巨大ヘビを合わせたような怪獣で両作へのリスペクトを感じます。

“『ゴジラvsコング』に羽のある怪獣が出るらしい”というのはファンの間で早くから噂になっていて結局それがウォーバットだったわけですが、この噂はさらにすごい憶測を呼びました。それはミニラが出る!というもの。

正確に言うとゴジラの子どもかゴジラ族の幼体が出るのでは?ということです。ゴジラは1978年にアメリカで子供向けTVアニメ・シリーズ化され、そこにゴズーキーという小さな怪獣が登場。なんとゴジラの甥という設定。

そうゴズーキーはこのアニメにおけるミニラ的存在。そしてゴズーキーの脇には羽のような膜があるのです。なのでゴズーキーが映画に登場復活!?となったわけですね(笑)。

この『ゴジラvsコング』、2人(2匹?)がなぜ戦うのか?をくどくど説明せず、とにかく両者は戦う運命だった、といきなり本論。派手にバトってくれます。みんなが観たかった怪獣×格闘エンタテインメントです。

原作の再現度はもちろん、格闘アクションもお見事!

画像: 原作の再現度はもちろん、格闘アクションもお見事!

格闘映画と言えば『モータルコンバット』。カルト人気を誇る格闘ゲームの映画化。人類の存亡をかけ人間界のファイターが魔界の戦士と戦います。

本作は真田広之さんと浅野忠信さんが出ていますが、両者ともすごくいい役。浅野さんの役はライデンという雷神。マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)では雷神ソーの盟友ホーガンを演じていましたからこのキャスティングは狙ったのかな?(笑)

真田さんに至っては事実上本作の主役は彼と言っても過言ではありません。『モータルコンバット』は1995年にも一度映画化、そして続編も作られています。こういう映画は一つ間違えると“ゲーム・キャラのコスプレをした格闘映画”になってしまうのですが、本作はキャラの再現度やアクションの見せ方が見事。

ただこのゲーム自体は残虐ファイトが売りだし、本作のプロデューサー、ジェームズ・ワン監督はホラー映画の名手ですからかなりスプラッタ。さわやかな汗ではなく邪悪な血が飛び散ります。ドラマでは『コブラ会』が人気、『燃えよ!カンフー』『燃えよドラゴン』のリメイクも企画中など、格闘アクション映画がブームの兆しです。

MCUも続々と情報が出てきました!

そうした中MCUも格闘映画に参入?最新作『シャン・チー/テン・リングスの伝説』の公開日が2021年9月3日(金)と発表され予告編もリリースされました。(MCUは7月9日(金)に『ブラック・ウィドウ』、11月5日(金)に『エターナルズ』、12月17日(金)に『スパイダーマン ノー・ウェイ・ホーム(原題)』の全米公開が控えています!

シャン・チーは1973年に刊行された「Master of Kung Fu」というコミックが原作。70年代のカンフー・ブームの影響を受けて生まれたヒーローで初期のルックスはブルース・リー似。当然『シャン・チー』はMCU初の格闘技アクション映画になりそうです。

予告もかつての香港カンフー映画のノリだし、よーく見ると主人公の部屋に『カンフーハッスル』のポスターが貼ってあります。なお『スパイダーマン:ホーム・カミング』(2017)でスパイダーマンに“バック転して!”とリクエストするひげ面の市民がさりげなくこの予告に写っていたりと(笑)、ファンの間でバズる小ネタも仕込まれていました。

最後にMCUについてビッグニュース! 大興奮のうちに終わったディズニープラスの『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』ですが、このシリーズの製作総指揮(ショウランナー)をつとめたマルコム・スペルマンの脚本・プロデュースで映画『キャプテン・アメリカ4(仮)』が作られるらしい。この映画にクリス・エヴァンスが登場するか?は未定ですがこれは注目の1本です!

モータルコンバット
2021年6月18日(金)公開

配給: ワーナー・ブラザース映画
© 2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved


クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button