ゲームニュース

ソニーGが今期予想を増額、音楽分野など寄与-1Qはゲーム減益 – Bloomberg

ソニーグループは4日、今期(2022年3月期)の連結営業利益予想(従来9300億円)を9800億円に上方修正した。ブルームバーグが集計したアナリスト14人の予想平均9819億円をわずかに下回った。前期実績比では2.6%の増益となる。音楽やエレクトロニクス、映画分野での増益が貢献する。

  ストリーミングサービスの増収により音楽分野の営業益予想(従来1620億円)を1900億円に修正したほか、エレクトロニクス分野の営業益予想(同1480億円)もテレビやデジタルカメラの販売増などが寄与し1700億円に引き上げた。

今期の業績予想
  • 売上高:9兆7000億円に据え置き(市場予想9兆7743億円)
  • 営業益:9800億円(従来9300億円、市場予想9904億円)
  • 純利益:7000億円(従来6600億円、市場予想7182億円)

  十時裕樹最高財務責任者(CFO)は決算会見で、東南アジア圏での新型コロナウイルスの感染再拡大により一部工場は操業を落としているほか、サプライチェーンへのリスクも認識していると言及。業績見通しには下半期以降の巣ごもり需要の一服感などのリスクも織り込んだとしている。

4-6月期の業績
  • 売上高:前年同期比15%増の2兆2568億円(市場予想2兆1737億円)
  • 営業益:26%増の2801億円(市場予想2261億円)
  • 純利益:9.4%増の2118億円(市場予想1630億円)

  同時に発表した4-6月期の連結営業利益は前年同期比26%増の2801億円と、ブルームバーグが集計したアナリスト6人の予想平均2261億円を上回った。同四半期の営業益としては2年ぶりに過去最高を更新した。エレクトロニクス分野の損益が大幅に改善したことが寄与した。

4-6月期の事業分野別営業益
  • ゲーム:33%減の833億円
  • 半導体:16%増の305億円
  • 音楽:55%増の554億円
  • 映画:6.2%減の254億円
  • エレクトロニクス:718億円(前年同期は89億円の赤字)
  • 金融:33%減の240億円

  同四半期のゲーム分野の利益は33%減の833億円だった。昨年11月に発売した家庭用ゲーム機「プレイステーション(PS)5」本体の価格設定が製造コストを下回っていたことなどが同分野の損益を悪化させた。

  半導体事業は、新型コロナウイルス禍から回復したデジタルカメラ向けイメージセンサーの販売増加などから16%の増益だった。モバイル向けセンサーは減収要因となった。十時CFOは中国メーカー各社による採用が進んでいると説明した。

クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button