ゲームニュース

世界最大の音楽レーベルがゲーム、スポーツ、フィットネスに投資する理由 | マイナビニュース

世界最大の音楽レーベルがゲーム、スポーツ、フィットネスに投資する理由

世界最大手のユニバーサルミュージック・グループは、ケイティ・ペリーやリアム・ペインを起用したポケモン、FIFAやEQUINOXとの一連のコラボレーションとともに2021年の幕を開ける。

ケイティ・ペリーがピカチュウのファンだということはあまり知られていないかもしれない。それにリアム・ペインも大のスポーツ好きだからといって商業的に大成功したわけではない。それでもユニバーサルミュージック・グループ(以下、UMG)は、アーティストとこうしたテーマのつながりに価値を見出している。

米現地時間1月13日、UMGはゲーム、スポーツ、フィットネス業界屈指のビッグネームとの3つのパートナーシップを発表した。その大半を指揮するのは、Universal Music Group for Brands(以下、UMGB)と呼ばれる事業部だ。

1996年に発売されたゲームソフト『ポケットモンスター 赤・緑』のリリース25周年を記念して、ケイティ・ペリーが「P25 Music」と命名された新プロジェクトの顔に起用された。同社のプレスリリースによれば、P25 Musicは2021年を通して行われる年間プロジェクトで、一連のグローバルアクティベーションとともに「新興アーティストから受賞歴を誇る世界的なスーパースターにいたるまで、音楽業界でもっとも有名なアーティストたち」が参加する。UMGBは今後、ペリーとのコラボレーションと「参加アーティストに関するさらなるサプライズ」の詳細を公表するもようだ。

>>関連記事:2020年に激変した音楽ビジネス、絶対知っておくべき12の事柄

その一方、国際サッカー連盟(以下、FIFA)はサッカーの競技団体を国際的に統括する組織や大人気ビデオゲームシリーズの生みの親といった肩書きに「音楽インフルエンサー」を新たに加えることを発表した。FIFAが公表した「FIFA Sound」という新たな戦略は「サッカーファン、音楽好き、プレーヤー、アーティストと、こうした人たちが愛してやまないゲームと楽曲との間に革新的かつ意義のあるつながりを作るためにデザインされた」ものである。FIFA Soundにはさまざまなイニシアチブが含まれるが、その第1弾となるのがUMGB肝いりの「PlayOn」という8話からなるポッドキャストシリーズだ。現在はソロアーティストとして活動しているワン・ダイレクションの元メンバーのリアム・ペインとスポーツキャスターのジェイディー・ダイヤーが同シリーズの司会を務める。

「FIFAの目標は、サッカーを本当の意味でグローバルかつインクルーシブで、人々から愛される存在にすることです」とFIFAのマーケティング・ディレクターを務めるジャン=フランソワ・パシー氏はリリースのなかでこのように述べた。「サッカーと音楽のクロスオーバーは、両文化の広い意味でのつながりを強調するものです。サッカーと音楽はどちらも普遍的な言語であり、唯一無二の感情を生み出す力を持っています。このふたつを結びつけるのは自然なことです」。

そして忘れてはいけないのが、UMGとVariisのコンテンツ・ライセンス契約だ。Variisとは、北米で高級フィットネスクラブを展開しているEQUINOXが2020年にローンチした、自宅でフィットネスが楽しめるアプリである。Variisは、サイクリング、ヨガ、ランニングといった多種多彩なエクササイズクラスを提供しているという点では、フィットネスマシンとエクササイズ動画のサブスクリプションサービスを提供しているペロトンと似ている。だが、すべてのクラスがペロトンというブランドのものであるのと異なり、VariisはEQUINOX傘下のSoulCycle、PureYoga、Precision Runといった他社のインストラクターを起用することができる。ペロトンとのさらなる違いとしてVariisはNetflixやDisney+といった定額制動画配信サービスとも契約を結んでいるため、ユーザーは運動していないときも映画やテレビ番組がストリーミングできるのだ。

それに大抵のワークアウトには、音楽が欠かせない。だからVariisがNetflixやDisney+との契約にこぎつけるために大枚をはたいたとしたら、ソニー・ミュージックエンタテインメントやワーナー・ミュージック・グループとのパートナーシップが実現する日は近いかもしれない。だが実際には、業界最大手のUMGが最初にVariisと手を組むことになるだろう(SoulCycleユーザーはテイラー・スウィフト、ビリー・アイリッシュ、ドレイクといったアーティストの楽曲が楽しめるようになるかもしれない)。

時には意外とも思えるような組み合わせのブランドパートナーシップは、とりわけファッションと飲食業界では当たり前のように行われている。新型コロナのパンデミックによって多くの人がステイホームを続け、ライブイベントにほとんど足を運ばなくなったいま、大手レーベルも”音”を使ったクリエイティブな方法を生み出す必要性に迫られている。

>>関連記事:米投資会社がテイラー・スウィフトの原盤権を約312億円で買収した理由

どうやらUMGは、新しいリスナーを獲得することに特に力を注いでいるようだ。なんとなく耳を傾けていたプレイリストから音楽以外のものは流れてこないし、ポスト・マローンとクロックスのコラボサンダルを買うのはあなたがポスト・マローンのファンだからかもしれない。だが、あなたがポケモンを追いかけたり、スポーツの名場面に熱狂したり、エクササイズでアドレナリンを大量放出していたりするときのBGMはあなたの耳に残り、忘れられないインパクトを残すだろうとUMGは踏んでいるのだ。

本誌はUMGの担当者にこうしたプロジェクトの目標を具体的に解説するよう求めたものの、回答は得られなかった。だが、2021年が始まってまだ数週間だ。今後UMGが新たな情報を公表することは間違いないだろう。

From Rolling Stone US.

クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button