国際ニュース

2020年 F1ポイントランキング (第15戦 F1バーレーンGP終了時点) 【 F1-Gate.com 】

2020年 F1ポイントランキング (第15戦 F1バーレーンGP終了時点)

2020年のF1世界選手権 第15戦 F1バーレーンGPが終了。波乱の展開となったレースを終え、“ベスト・オブ・ザ・レスト”をかけた順位表に変動があった。

今季の王者ルイス・ハミルトンが今季11勝目を挙げたレース。ランキング3位のマックス・フェルスタッペンが2位表彰台を獲得した一方で、ランキング2位のバルテリ・ボッタスが8位に終わったことでその差は12ポイントまで縮まった。

また、ランキング4位だったセルジオ・ペレスが終了間際のリタイアでノーポイントに終わったことで、ダニエル・リカルド(ルノー)が4位に浮上。5位のセルジオ・ペレス、6位のシャルル・ルクレールとそれぞれ2ポイント差という熾烈な4位争いとなっている。7位のランド・ノリスに8位のカルロス・サインツと9位のアレクサンダー・アルボンが1ポイント差に迫っており、こちらの戦いも見逃せない。

コンストラクターズ選手権は、レーシング・ポイントがノーポイントに終わったことで、4位と5位と大量ポイントを獲得したマクラーレンがランキング3位に浮上。一気に17ポイント差をつけた。

2020年F1ドライバーズポイント
1.ルイス・ハミルトン (メルセデス) – 332
2.バルテリ・ボッタス (メルセデス) – 201
3.マックス・フェルスタッペン (レッドブル) – 189
4.ダニエル・リカルド (ルノー) – 102
5.セルジオ・ペレス (レーシングポイント) – 100
6.シャルル・ルクレール (フェラーリ) – 98
7.ランド・ノリス (マクラーレン) – 86
8.カルロス・サインツ (マクラーレン) – 85
9.アレクサンダー・アルボン (レッドブル) – 85
10.ピエール・ガスリー (アルファタウリ) – 71
11.ランス・ストロール (レーシングポイント) – 59
12.エステバン・オコン (ルノー) – 42
13.セバスチャン・ベッテル (フェラーリ) – 33
14.ダニール・クビアト (アルファタウリ) – 26
15.ニコ・ヒュルケンベルグ (レーシングポイント) – 10
16.キミ・ライコネン (アルファロメオ) – 4
17.アントニオ・ジョビナッツィ (アルファロメオ) – 4
18.ロマン・グロージャン (ハース) – 2
19.ケビン・マグヌッセン (ハース) – 1
20.ニコラス・ラティフィ (ウィリアムズ) – 0
21.ジョージ・ラッセル (ウィリアムズ) – 0

2020年 F1コンストラクターズポイント
1.メルセデス – 533
2.レッドブル – 274
3.マクラーレン – 171
4.レーシングポイント – 154
5.ルノー – 144
6.フェラーリ – 131
7.アルファタウリ – 97
8.アルファロメオ – 8
9.ハース – 3
10.ウィリアムズ – 0

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1レース結果 / F1バーレーンGP


クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button