国際ニュース

素朴な疑問:リオネル・メッシって英語を話せるの? | Goal.com

【欧州・海外サッカーニュース】「リオネル・メッシは英語を話せるのか?」。素朴な疑問について『Goal』が見解。

フットボール界最高の個人賞であるバロンドールを歴代最多6度受賞するなど、史上最高の選手の一人として世界中の人に知られているアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ。今夏には一時バルセロナからの退団希望も明かして大きな話題を呼んだ同選手は普段、スペイン語を使用している。

では、メッシは英語を話すことができるのか。そう疑問に思ったことがある人も多いだろう。

結論から言えば、メッシは英語に関していくつかの単語レベルの聞き取りは理解できるだろうが、流暢に話すことはできない。アルゼンチンのロサリオ生まれのメッシは13歳にバルセロナユースに加入してから、知っての通り同クラブ一筋のキャリアを歩んでいる。スペインはもちろんアルゼンチンもスペイン語圏となっており、メッシが英語を日常的に話すことはないと考えるのは普通のことだ。

英語圏以外の国やクラブでプレーしているサッカー選手は通常、英語圏のクラブに移籍することが決まってから英語を学ぶ。ポルトガル出身のクリスティアーノ・ロナウドも、2003年にスポルティングからマンチェスター・ユナイテッドに移籍した後に英語が堪能となり、その後の2009年にレアル・マドリーへ加入した。

そのC・ロナウドは、2016年1月のバロンドール授賞式において、ネイマールとメッシの通訳をしたことで話題となった。2015年のバロンドールは、1位がメッシ、2位がC・ロナウド、3位がネイマールに。C・ロナウドは「僕がネイマールとメッシの通訳を務めたんだ。彼らから報酬を貰わないとね」と、冗談交じりに明かしていた。

なお、メッシ自身は英語が堪能ではなくても、彼のパートナーであるアントネッラ・ロクソさんは英語を流暢に話すことができる。2019年、11歳の少年であるマッケンジー・オニール君はメッシ一家とビーチで遭遇した際に、「今日は僕の夢が叶った。メッシとサッカーをしたんだ!」とSNSで明かした。彼は当時の状況について、アントネッラ・ロクソさんが二人のコミュニケーションを円滑にしてくれたことにも感謝していた。

「メッシの奥さんが英語を通訳してくれたんだ。凄くうまかった! メッシは家族でビーチにきていて、僕は一人だった。ちょっと離れたところでボールを蹴っていたら、彼のお父さんがボールを投げて、一緒に遊びたいか聞いてきてくれたんだ。僕は、メッシとチアゴ(メッシの息子)と45分くらいサッカーをした。水中でもメッシと遊んで、とても楽しかった。彼は普通のパパみたいな雰囲気だったよ」

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】

クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button