ライフスタイル

ミシュラン掲載店の味を80円で。渋谷「すし光琳」で街場寿司の完成形に出会う – ライブドアニュース

ミシュラン掲載店の味を80円で。渋谷「すし光琳」で街場寿司の完成形に出会う

ミシュラン・ビブグルマン獲得「すし宗達」の姉妹店が誕生!

「ミシュランガイド東京2021」でビブグルマンを獲得した、初台の話題店「すし宗達」の姉妹店が誕生。2021年4月1日(木)より、渋谷の神山町にてオープンしました。近年飲食業界を賑わせる “奥渋エリア” の新しい繁盛店となりそうな予感♪

この記事では macaroni 編集部が開店に先駆けて、店の様子をレポートします!

街場寿司の完成形。渋谷「すし光琳」

2016年に初台に開店した「すし宗達」の3号店となる「すし光琳」は、渋谷駅前の喧騒から離れた、閑静な奥渋谷エリアに立地しています。店内はカウンター12席のみ、入店した瞬間に木のいい香りが漂いますね。

店を仕切るのは、「すし宗達」のオーナーである新田真治氏。“街場寿司の完成形” として街で永く愛される店を目指しているそうです。

1貫80円から。明瞭会計のお好みスタイルに安心

店主が毎日豊洲市場に足を運び、たしかな目利きと長年培ってきた仲卸との強い信頼関係のもと、旬の良質な素材を仕入れているとのこと。

「高級な鮨屋にも負けない素材をそろえていますよ」と新田氏。木製のネタケースに並べられた魚介の品々は、艶めいていて見るからに新鮮です。

それにも関わらず、一貫80円からとお財布にやさしいのが素晴らしい点。品数は60品以上、「すし宗達」のラインアップと同じだそうです。

店内に掲げられた黒板のお品書きから注文できますよ。

渾身の握りと逸品ぞろいのおつまみ

それではさっそく、実食!「すし光琳」おすすめの4貫とおつまみ2品をいただきました。

金目鯛昆布締め

一貫目は、静岡県下田の「金目鯛昆布締め」です。金目鯛は昆布で締めることによって、余計な水分が抜けてむっちりした食感に。厚めの切りつけで、本来淡白なはずの白身の強い旨みが、噛むごとにじわりと広がっていきますね。

あとから追いかける昆布のふくよかな香りも相まって、ずっと口の中にとどめておきたくなる……!

白イカ

長崎の白イカは、柚子をはさみ、藻塩で味つけしたさわやかな一貫。深い甘みが舌へにじり寄ってきます。

金目鯛同様に厚めで白イカの存在感が強いのにも関わらず、見事な切り込みのおかげで食べやすいですね。サクサクと噛めるタネとほどけるシャリの一体感が抜群。

あん肝ポン酢

「すし光琳」はおつまみの逸品も充実。外国産を扱う店も多いなか、同店では国産(この日は大間)のあん肝ポン酢を使います。

思わず目を瞑ってしまうクリーミーさ。ポン酢の酸味が、まろやかなあん肝の味わいをキリリと引き立てます。これは日本酒が何合あっても足りなさそうですよ……。

ニタリクジラ

艶めく赤色が魅惑的なニタリクジラは刺身で。ほかの魚介の刺身とはまた違う、みずみずしい食べ心地です。自家製の玉ねぎ醤油によって、いい塩梅に調味されていますよ。

クジラの刺身というと繊維質で噛み切れないものもありますが、非常にやわらかな食感です。

大トロ

この日は千葉の勝浦にて181kgで水揚げされたまぐろを使用。10日ほど寝かせているそうで、軽い熟成状態に。脂の甘みが印象的ですが、旨みも段違いですよ。

細かく丁寧に隠し包丁を入れているので、口溶けが非常にいいですね。

赤酢と白酢を5:5の割合で混ぜたシャリによく合います。ちなみに赤酢は横井醸造で、7年寝かした旨みの強いのもの。

小肌

鮨好きなら外せないのが小肌(この日は佐賀産)。熟練の技を知らしめるような締め具合で、サッと香りつけした “すだち” が鼻腔をかすかにくすぐります。

もちろん臭みを感じることはなく、青魚特有の風味が良く表れています。「光りものが苦手」という人にも、ぜひ挑戦してみてほしいですね。

質のいいものを適正価格で楽しめる鮨屋

「儲け重視ではなく、質のいいものを適正価格で提供したい」とおっしゃる店主。むずかしいことだとは思うのですが、食材ロスをしないことで、それを実現させているそうです。また住宅地ということもあり、子ども連れでも入りやすいような店作りをされているので、まさに “街場寿司” として多くの人に愛されていくに違いないでしょう。今後の発展にも要注目です。

新田 真治(ニッタ シンジ)氏
1987年生まれ、北海道小樽市出身。
杉並区や築地のすし店で修行を積むかたわら、和食店でふぐやすっぽんなどの料理も学ぶ。2016年に独立し、初台に「すし宗達」をオープン。丹精込めた絶品の握りを気取らず楽しめる昔ながらの街場スタイルで提供し、地元の人々を中心に幅広い世代で賑わう人気店へ。「すしおでん芦舟」「すし光琳」と続いて、計3店舗を出店。たしかな目利き力と素材の旨さを引き出す、丁寧な手仕事に定評がある。

店舗名:すし光琳
電話番号:03-6407-9516
最寄駅:渋谷
郵便番号:150-0047
住所:東京都渋谷区神山町11-10梅沢ビルB1
市区町村:渋谷区
町域:神山町11-10梅沢ビルB1
営業時間:17:00~24:00(L.O.23:00)※状況により変更となる場合がございます
定休日:不定休

文・倉持 美香(macaroni 編集部)
写真・岩田知夏(macaroni ライター)


クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button