ライフスタイル

世界一「星」ある店が多い東京 ミシュランが愛す理由|グルメクラブ|NIKKEI STYLE

レストランガイドが花盛りだ。最近はインターネットのレストラン評価サイトも過熱気味。それでも、存在感を発揮し続けているのが、120年の歴史を誇り、ビブグルマン(価格以上の満足感が得られる料理)から三つ星(そのために旅行する価値のある卓越した料理)までの評価で知られる「ミシュランガイド」である。30の国と地域で発行され、グルメの代名詞といってよい。日本の最新版である『ミシュランガイド東京 2020』の発表会の様子は、昨年の高視聴率ドラマ「グランメゾン東京」(TBS系)でも紹介され、話題を集めた。同ガイドを発行する日本ミシュランタイヤのポール・ペリニオ社長に話を伺った。

――ミシュランという会社は、フランスではどのようにとらえられているのでしょう。

歴史あるフランスの有名企業というイメージだと思います。19世紀に設立された会社で、モータリゼーションの発展に伴い、かつては道路標識や飛行機も製造し、フランスの近代史にかかわってきました。レストランガイドであるミシュランガイドも、1900年には最初のガイドを発行しています。120年も前のことです。

――入社前、ミシュランガイドとの接点はありましたか?

週末に両親と車で出かけるとき、いつも車内にミシュランガイドがあったのを覚えています。小さい頃から、あの赤い本があった記憶がありますね。ミシュランガイドは、1900年にフランス版を発行してからは、04年にベルギー版、10年にはスペインとドイツ版が創刊され、20、30年ほどの間にヨーロッパ各地をカバーしていきました。ですから、フランスだけではなく、ヨーロッパ各国でおおむね同じような習慣があったのではないかと思います。

通称「赤本」と呼ばれるミシュランガイド。最初は約400ページの小さな冊子だった(写真右手前)。実は、フランスの保護領だったチュニジアのガイドなどもごく初期に発行された

それから約100年後の2005年には、初めてヨーロッパの外に展開、ニューヨーク版を発行しました。ヨーロッパ以外の食文化にも焦点を当て、ガイドブックをもっと国際的に展開しようと考えたわけです。07年にはアジア初となる『ミシュランガイド東京』も創刊しました。ニューヨークはイノベーションの町である一方、日本の食文化は非常に奥深い。そこで、海外への展開を考えた際、筆頭候補として挙がってきたのです。東京は今や、世界で最も星付き店が多い町となりました。


クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button