テクノロジーニュース

松田学のニュース解説 311から10年、独政府が電力4社へ賠償金支払い、大川小の津波訴訟



<チャンネル登録お願いいたします>

解説:松田政策研究所 代表 松田学

松田学公式ホームページ

松田政策研究所FB

無料メルマガはこちら*バックナンバーあり

#311から10年 #大川小学校訴訟 #原発問題

ソース

もっと見せて!

Related Articles

18 Comments

  1. アップロードありがとうございました、少し前進したのかなと思いがちですけど私はちょっと疑い深いせいかもしれませんが、最高裁まで行かないと確定しないので多分ごまかされてしまうに違いないと思っています国が自分に不利な判決を許すわけないんじゃないかな

    日本は民主的な先進国だと思いたいですけどまだまだ裁判所は仮想現実だと思いますよ
    武田邦彦先生にも日本には裁判所はあるようでないというか訴追されたら100%有罪になるこの有罪率は先進諸国には全く見られないと言うことで私は封建時代の奉行所程度じゃないかなと残念ですけど。

  2. ドイツは、内政に関しては完全に州単位の地方自治の国です。

    福島原発事故が起きた際には、確か州議会選挙が行われていて、東日本大震災や福島原発事故に衝撃を受けたドイツ人たちが反原発派に一斉に投票したため、反原発が一挙に推進されたと記憶しています。

    その後、州政府の補助金を得て民家の屋根に太陽光パネルが設置され、そうした地元の再生可能エネルギーの地産地消による地元の小さな電力会社 Fa ir Energie が軌道に乗りました。

    私もその際に、州の大手電力会社から、地元の市町村の Fa ir Energie に乗り換えました。

    ドイツの電気代は、都市ガスが発達しておらず、炊事も電気コンロで、オール電化に近い住宅が多い割には、日本よりむしろ安いように思います。

    反原発政策で電力会社に賠償金を支払っても、取り返しのつかない事故でより多額の賠償金を支払い、国や社会を破滅に追い込むよりはまし、というのがドイツ人の選択だったのではないでしょうか?

  3. 明治26年三陸大津波、昭和8年三陸大津波、チリ地震大津波、平成23年東北大震災大津波と幾度となく大津波災害を経験している地域で、
    『自分の意思で逃げることを大優先にしていた地域』
    裏山へ一旦逃げた児童も先生たちが連れ戻し「小田原評定」を続けて逃げるための時間を空費した責任。

  4. きけんな場所を事前に十二分に伝えないといけない大人とやらに、呟き祖母も含まれてるんだろ、年齢的に寧ろ当然!そこは裁判にならんのか?この勝訴が全ての犠牲者の為になったとか、まあ血税や大企業側からぶんどる算段しかない弁護士どもは恐ろしい口をたたくもんだわ

  5. 大川小の子供たち。思い出してしまいますね。思い出すと、子供たちの悲鳴とか……、ダメだ続けられない。凍えるような寒さの中で津波にのまれていく。思い起こすと、とても正気ではいられない。ただはっきり言えるのは、日本人の危機管理、危機感が非常に鈍ってしまったということ。

  6. 間違った大人の考えで子供達が犠牲になるというのは、現在のコロナ騒動にも通じる事象だと思います。日本人が少しでも進歩してくれることを望みます。

  7. すべては結果論ですよ。
    こういうことを、訴訟という形でしか解決できない(実は解決できてないんですがね)今の社会がおかしいってことを、どうして誰も気づかないのでしょうか?

    たまたま、10mの津波だっただけでしょ。
    じゃあ、これが1mだったらどうだったのでしょう? 津波が起こらなかったら?
    先生の判断は「正しかった」ということになりませんかね?
    逆に、20mの津波だったらどうでしょう? 裏山に逃げたら助かったのですか?

    そもそも、何mの津波ならどうするかという考え方そのものが、誰にもなかったのではありませんか?
    これって、誰のせいですか? 一人ひとりのせいではありませんか? これを、当時の行政とか学校のせいにして、溜飲を下げることそのものが間違っているのだと思いますよ。

    こういうことが、訴訟して、誰かのせいにして、決着するかのように誤解させる考え方そのものが、問題解決を遠のかせているのではないかと思います。
    もう、誰かのせいにするのをやめましょうよ。私たちはみんな仲間なのですから。

  8. 松田さん。マスクはいらないを多くの人に訴えてください。もうすぐ百姓一揆です。

  9. 事件の後から人に責任を被せるのは違うんじゃないのかなっ? 職業に付けなくなっちゃいますよっ! 保護者達にも責任があるのか? 過去にあった事実を子供たちに伝えていたのか? 難しいねっ!

  10. だから茨城沖にあると言われてる油田を一刻も早く掘れと言っているんだよ(実際は掘るまで油田があるかどうかは分からないが)。枯渇するまで石油を使えばいい(まあ、実際は枯渇なんかしないけど)。菅政権は脱炭素社会とか馬鹿なことを宣言してしまったが、地球温暖化なんか気にしなくていい。化石燃料が一番低コストなんだから欧米が仕組んだトリックにかかることはないよ。原子力に拘る必要はないよ。化石燃料が一番効率がいいんだから。

  11. 東日本大震災を経験した、一人です。毎年、この時期にテレビなどで、
    3.11の悲惨な大津波のシーンを観ますが、個人的には観たくも、思い出したく有りません!が、又、忘れる事を出来ないのも、現実に存在しています⁈
    ですが、宮城県はお陰様でだいぶ復興に近づいています。今はCOVID19の感染症の為、都道府県へ、移動自粛がされています。本当の復興再生の有り様は、コロナが落ちついた後、岩手県、宮城県、福島県に観光等で来て頂いて、各県に皆様が、お金を落として頂く事が、一番の経済再生復興になると思ってます!!

  12. 事前防災や防災教育は勿論大事だと思うのですが、そもそも津波の到達するような危険な場所に学校を造らないで欲しいです。

  13. 先生何時もありがとうございます。大川小学校の
    件は大変難しい事だと思います。訴訟もしない、遺族もおります。命は皆同じく、尊いものと思います。他人事とは思えず、苦しさを今でも思います。

  14. 裁判なので訴訟相手が必要ですので、責任追及と捉えられガチですが。
    今後に同じ過ちを犯さない為と思っています。
    特に東北の東海岸は何度も大津波に襲われていたのに。
    その教訓は生かされませんでした。

  15. この訴訟について、賠償請求がされていませんか?

    70数名の児童が亡くなり、この中で、この訴訟に参加された方が20名数名。ここにご遺族の意思の差があると思います。

    何方が正しいではありませんが、「賠償請求」には違和感を感じています。

    今後の為に法廷で成否を問うのは正しいと思っています。

  16. 言葉もないほどの悲しい出来事でした。国の備えは、今のままで本当に大丈夫でしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button