テクノロジーニュース

新型コロナウイルス接触確認アプリの技術や開発体制に関する感想      (Xamarin, 個人情報,デプロイ王子)



iOS

Android

コロナ「接触確認アプリ」開発者を直撃!個人情報の扱いは?効果は出る?

開発コミュニティー破綻? 接触確認アプリの問題点と批判の在り方で激論

==========================================
■KBOYのFlutter大学オンラインサロン

==========================================

■KBOYのチャンネル一覧
↓天才プログラマーKBOY

↓KBOYのFlutter大学

【KBOY】
1991年札幌生まれ東京在住のフリーランスプログラマーです。
Twitter:
Instagram:

ソース

もっと見せて!

Related Articles

14 Comments

  1. だからTwitter嫌いなんですよね。
    状況の精査もしないで何様ツイートをする輩が非常に多いじゃないですか。
    そのうえ、安易に「いいね!」を押しちゃうフォロワーがそういった輩のルサンチマン的ツイートにお墨付きを与えるような形で悪癖を助長しちゃってますよね。
    この人、社会生活で人との関わりをまともに保てているのだろうかと危惧しちゃうような人が意外とフォロワー多かったりして、承認欲求が強いだけの勘違いツイートが多過ぎるからTwitterを閲覧すると辟易することが多い今日この頃です。

  2. この話を聞いた率直な感想は悪いかどうかの事を
    考えるより開発者側と使い手の側双方の見方・状況を
    よく考えた方が良いと思います。

    まずは技術者側。
    最初私も何でこんな簡単なバグが発見できなかったんだろうと
    思いましたが “IOSで…”と聞いてこれは機種依存問題?
    と思いました。

    全ての機種についてテストしてたら時間もコストもかかるので
    主要な機種しかテストできてないのではないかなと。
    ましてボランティアでは…ね。

    次に使い手側。
    まず、ボランティアでやってるって知らなかったのではないかな…

    あと不具合に関して技術者と使い手に感覚の違いがあることを
    知っておくべきかと考えます。
    技術者側から見れば機種と使い方で不具合が発生する確率は
    何千、何万分の1の確率なのかもしれませんが、使い手から
    見たら、1回目で不具合。つまり100%不具合が起きたという
    事になってしまうのです。
    言い過ぎた感はあるかもしれませんが、怒り口調になる理由は
    理解できるのではないでしょうか。

  3. 困ったオジサン、思いやりもない過去の栄光だけで生きている人、多いんですよ。
    こういう内幕を語ってくれて本当にありがとうございます。

  4. ITとボランティアがの融合なんて。無料が命の価値に繋がったのなら、新しい価値だと思います。

  5. MSはザマリンを今年から推してくようですが、日本国内では味噌ついちゃいましたね。

  6. たぶんVisualStudioで開発してるからXamarin使ったんだと思います。たぶん。

  7. ん?これってマイクロソフト人は、ボランティアで発注したとこには金出てるのかな?

  8. 開発経緯の認識違ったんだけど、真実はなんだろう。
    私は記事やTwitterを見て下記の流れだと思っていた。
    ①もともとボランティアでOSSとして開発を進めていた
    ②正式に厚生労働省が採用する流れになったときに、最終的な政府の意向のもとアプリを仕上げる必要があった
    ③厚生労働省の委託を受けた企業がOSSをベースにボランティアと協力してアプリを仕上げてリリース

    この辺の認識がみんな曖昧なままアプリの不具合だけ周知されて、「責任持って作れよ」とか「お金貰ってるやってるのにそういう姿勢なの?」みたいな厳しい意見が出ていたのかなと。
    タダ働きで作って叩かれたらそりゃツライ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button