テクノロジーニュース

2020年総括/首都圏新築マンション供給戸数大幅減。平均価格は2000年以降で最高値を更新。MERCURY MARKET REPORT2020-2021Web版を公開:時事ドットコム

[株式会社マーキュリー]

新築マンションのビッグデータを活用し、不動産マーケティングプラットフォーム事業を行う(本社:東京都新宿区 代表取締役:陣 隆浩)は、2020年の新築マンション市場などをまとめた冊子「MERCURY MARKET REPORT 2020-2021」の無料ダウンロードを開始しました。
マーキュリーが運営する不動産業界関係者向けニュースサイト“Realnetニュース(https://news.real-net.jp/ )”にてご覧いただけます。

MERCURY MARKET REPORT2020-2021は、マーキュリーが2008年から毎年発行している冊子で、エリア別の新築マンション市場動向や行政区別の販売数ランキングなど、2020年の新築マンション市場を総括した内容となっています。

2020年は日本だけではなく、世界的に見ても人々の生活が大きく揺らいだ年となりました。新型コロナウィルス感染拡大により、東京オリンピック・パラリンピックの延長や新しい生活様式の登場など、これまでの当たり前が大きく変化しました。

そんな2020年の首都圏における新築マンション市場は、2019年と比較すると供給戸数-24.2%、初月申込率-1.8%、平均坪単価+5.5%、平均面積-0.6%、平均価格+4.8%となりました。
供給戸数は、2000年代で最少の供給戸数となった2019年よりもさらに減少し35,973戸となり、一方の平均価格は、2000年代最高値となる6,135万円となりました。

MERCURY MARKET REPORT2020-2021では、それぞれのエリア別に過去のマーケットの動きを見ることが出来ます。是非ご覧ください。
下記よりダウンロードできます。
(ダウンロードにはRealnet会員登録(無料)が必要です。)

【MERCURY MARKET REPORT 2020-2021ダウンロードURL】
https://news.real-net.jp/pickup/139841

【Realnet(リアルネット)について】
不動産業界に特化した、SaaS型サブスクモデルの不動産マーケティングプラットフォームです。
現在は、マーケティングシステムの提供やパンフレットのダウンロード等、多面的なサービスを提供しています。
今後は、不動産業界専門の転職・求人情報の提供といったキャリア形成支援等、不動産業界で働く方々に必要で便利な情報を提供できるよう、サービス拡大と利便性向上に向けさらに努力を続けてまいります。

【マーキュリーについて】
マーキュリーは、1991年の創業以来「不動産BIGDATA」を武器に、事業を展開してきました。
現在は、従来のBIGDATAに新しくAI等のテクノロジーを用い、不動産マーケティングプラットフォームの提供を行っております。
「選択に、確信を。」という想いのもと、REALTECH INNOVATORとして不動産に関わる全ての人に、最良の選択の為の「確信」を届けてまいります。

【会社概要】
会社名:株式会社マーキュリー
所在地:東京都新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル42階
TEL:03-5339-0950(代表)
FAX:03-5339-0951(代表)
URL:https://mcury.jp/
代表取締役:陣 隆浩
設立年月:1991年5月

企業プレスリリース詳細へ
(2021/08/03-15:47)

クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button