テクノロジーニュース

ビットコインついに170万円で攻める明大、職業大、保有続ける慶大(2)【カソツー大学対抗戦 第32週】: J-CAST 会社ウォッチ

   ビットコイン(BTC)価格が、驚きの1BTC=170万円を突破した。この波に乗って、チャート図をにらみながら積極的に攻めたのが明治大学のIT。ラストスパートに向け、プラスを積み上げた。

   職業能力開発総合大学校のさっちんも、「そこまで上がると思ってもいなかった」と驚くが、利益はしっかり確保。一方、「もう正直、どこかでガクッと落ちる可能性もあるかなと考えて……」と、ビットコインを恐る恐る保有し続けるのが、慶応義塾大学の馬医金満。売却のタイミングを計る。専修大学のゆうは、変わらず。

  • ビットコインの上昇に乗って!

    ビットコインの上昇に乗って!

  • ビットコインの上昇に乗って!

ビットコインをポートフォリオに組み込む(専修大学)

ビットコインの上昇に乗って!

ビットコインの上昇に乗って!

   おはようございます。専修大学のゆうです。今週(11月9日週)の総資産は前週と変わりませんでした。いよいよ終わりで、現状では9%のリターンです。自分としては今回のカソツー大学対抗戦の総合的なリターンは期間中のビットコインの値上がりに比べては低いと考えています。

   期間中、新型コロナウイルスの影響によってビットコイン市場を含む金融市場は大きな荒波に飲まれており、現在は若干落ち着きが見られると感じますが、今後どうなるかはわかりません。日々の動きを捉えるためニュースや指標を見るのは癖がついたと思います。

   ここからはあくまで私の考えるビットコイン含む暗号資産の投資の見方なのですが、暗号資産は投資の際のポートフォリオに組み入れていくべきであると考えています。投資商品は、株式、債券、金(ゴールド)などのコモディティ商品などさまざまありますが、そういった商品で自分のポートフォリオを組んでいくとき、ビットコインをそれに組み込んでもいいのではないでしょうか。

   理由として、ビットコインはインフレなどに強いなどの利点があります。そういった意味で投資対象としていいのではないかと思います。しかしその半面、価格の均衡が難しいというリスクも存在します。

   こういったことを考慮して投資に役立てるのがいいと考えています。私は暗号資産が投機というよりも長期の投資対象にできることを、身をもって学ぶことができました。

◆ 児山将のワンポイントアドバイス
10月以降、ビットコインが堅調に上昇したことで、バイ&ホールドがベストな売買戦略となりました。上昇し続ける商品を一度売却してしまうとパフォーマンスを取り戻すのが大変です。ビットコインの場合は世の中のトレンドが盛り上がれば、上昇が続きやすいという傾向がありますので、Googleトレンドや交換業者の口座開設数などを参考にしてみてはいかがでしょうか。
さて、ゆうさんの考えのように、ヘッジファンド業界で著名なポール・チューダー・ジョーンズ氏は資産の1%をビットコインに投じたといわれています。これまでは米ドルや金をポートフォリオの一部にすると良いと言われてきました。それがデジタル資産としてビットコインが加わったわけです。ビットコインが人気な中国やインドの方は、資産防衛のために金を買っていましたので、ビットコインを買うことに抵抗がないのかもしれません。通貨が不安定な韓国で人気が出ているのも同じ理由でしょう。

前週からの損益  プラス・マイナスゼロ
11月13日現在        1万949円

クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button